風俗

風俗で自由にお買い物

普通にOLとして昼間には働いていたのですが、そこまで給料も高くなく生活するのでやっとでした。
ほしい服も化粧品も妥協をしてプチプラと呼ばれるようなものしか購入できず、もっと欲しいものを買えるくらいに稼ぎたいと思っていたのです。
今の仕事の他に一緒に並行をして働けるようなところがあればと考えた時に、風俗求人が思いつきました。
今まで実際に働いた事はないけれどそこそこ給料も高く、今の仕事と一緒に両立する事ができるとも思ったのです。
そこでまずは求人を探す事にし、ネットなどで自分の住んでいる地域と風俗というキーワードを入力して探してみたのです。
すると思った以上に募集しているお店があり、お給料の高さにも魅力を感じてしまいました。
何かあった時のアリバイ会社などがあったり、待機するのも自宅でOKというお店などもあった為、これなら安心して働けそうと思いました。
実際に気になったお店に電話をして、詳しく話を聞いてみたのです。
そこでは丁寧に話をしてくれた為、さらに面接を受けてみる事にしました。
実際に話を聞いてみるとさらに安心感を感じ、そのまま体験もしてみました。
思った以上に働きやすい環境で良いお客様に着く事もできた為、その後働き続けたのです。
しっかりと日払いでお給料もいただく事ができて、それからはほしいものを買えるような生活ができるようになりました。
今までできなかった貯金などもできるようになり、心に余裕を持った生活をしています。

風俗でのアルバイト体験談

風俗のアルバイトはいろいろしました。
主としてデリヘルですが、店舗型のいわゆる箱ヘルでも働いていたことがあります。
女の子同士のネットワークがあるのでどのお店が稼げるとかいう情報はすぐに入って来るのです。
お店選びはバック率ももちろんですが、どれだけお客さんを呼べるかということも大切な要素と思います。
お客さんがたくさん来て、その上でバック率も良ければ最高ですが、バランスを考えて良心的なお店で働けたのはラッキーでした。
お客さんの求めているものはいろいろでした。
エッチなことをしたいというのは皆さん共通していますが、話し相手が欲しいとか肌と肌とを触れ合いたいとかそんな希望の人も多かったです。
身もふたもない言い方をすれば、若い女性に取り合ってもらいたいというのがお客さんのニーズだと思います。
私は、よほどのことでない限りお客さんからの要望には、素直に従うようにしていました。
また、先回りして自分から積極的にどんな風にして欲しいのか探るようにしていました。
稼げる女の子はみんなそうしていると思いますが、創意工夫があれば、お客さんはついて来ると思います。
壁に当たったときもありますが、これを突破したのも自分の工夫です。
ノートにお客さんとした会話とか、お客さんの誕生日などを書き留めて次回やって来たときに、続きから会話ができるようにしたのです。
これの効果はてきめんで、かなりの指名を獲得することができました。
お客さんは自分を受け入れて認めて欲しいのでしょう。
それに気づいたのが良かったと思います。